鈴木 誠男 (S.nob)

SUZUKI Nobuo

14歳で黎明期のカートレースに親しみ、四輪のアクティブな運転に魅了される。自動車運転免許取得後、学生アルバイトで自動車/二輪車専門誌の編集・執筆雑務に従事。77~80年まで自動車専門誌編集部勤務、80~81年企画制作会社ハウスオブハウスジャパン勤務を経てフリーの編集者/モータリングライターへ。以降、数多くの自動車及び二輪誌の創刊に編集記者として携わる。85年にAJAJ最年少会員として入会。87年事務局担当理事、89年日本カーオブザイヤー選考委員、94年AJAJ副会長を拝命。 96年カーオブザセンチュリー選考委員にも選ばれた。が、2004年に以上の役職をすべて辞去する一方、専門雑誌自動車評論の枠から踏み出した、『自動車道楽人』として「クルマと共に在る暮らしの愉しさ」に着目。クルマ好きのユーザーとともにある、より地に足のついた自動車生活ジャーナリズムの世界観を探求中。

幼少期から青春期に重なる、50年代中期~70年代中期の英国車(中でもブレッド&バターcarが特に)が一等好き。趣味は古い英国車弄りに加えて、家事を始めとする身の丈に合った日々の暮らし全般にわたっている。

現在、家業の不動産物件の管理(監理)会社

(株式会社)鈴木メソッド代表取締役も兼任している。

肩書き

「クルマと在る暮らしの愉しさを探求するジャーナリスト」を、生涯目指しております。

株式会社 鈴木メソッド代表取締役

資格・免許

自動二輪 普通自動車 大型自動車の各免許 JAF国内Aライセンス

専門分野/得意ジャンル

自動車の商品性評価全般
50~70年代のイギリス産大衆車・スポーツカーの解説やインプレッション。
「クルマと暮らすライフスタイル」の探求と提唱をライフワークとしており、1964年製オースチン・ミニ・クーパーをベースとする「mini-sprint GTS」を、足掛け7年の時間を要し、イギリスと日本の両国でリビルト&モディファイドしたレポートを、FACEBOOK 鈴木誠男(Nob)として日々掲載している。
また、料理全般・旅行記・生活雑荷等の探求とコーディネイトも得意分野。

問い合わせ先

株式会社 鈴木メソッド

〒152ー0003

東京都目黒区碑文谷6-7-14

☎︎03-5724-6515