有元 正存 (千葉 匠)

ARIMOTO Masatsugu

有元 正存 (千葉 匠)

1954年東京生まれ。千葉大学工業意匠学科で工業デザインを学び、日産ディーゼル工業(現UDトラックス)で商用車のデザインを担当後、ジャーナリズムの世界に転身。CAR STYLING誌編集次長を経て、88年末からフリーランスのデザインジャーナリスト/自動車デザイン評論家。「デザインのより良き理解の浸透」をモットーに、デザインの視点でクルマを斬る記事を自動車雑誌やデザイン専門誌に寄稿している。レギュラー執筆媒体はモーターファン別冊新車速報、driver、Car Magazine、AXIS、レスポンスなど。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。2013年まで日本流行色協会主催「オートカラーアウォード」の審査委員長を14年にわたって務めた他、2012年から2016年まではドイツデザイン協議会主催「オートモーティブ・ブランド・コンテスト2012」の審査員を務めた。2018年より法政大学デザイン工学部で「デザイン史」の非常勤講師。

肩書き

デザインジャーナリスト
自動車デザイン評論家

レギュラー執筆媒体

モーターファン別冊新車速報、driver、CAR、AXIS、レスポンス

加盟団体(AJAJ以外)

自動車技術会

日本流行色協会

専門分野/得意ジャンル

デザイン、トレンド、英文和訳

問い合わせ先

dprs-ari@hh.iij4u.or.jp

New address as of Jan. 2018

1-150 Kofudai, Ichihara-shi, Chiba 290-0255, JAPAN

千葉県市原市光風台1丁目150番地