会長の挨拶

President’s Message

2022年1月
会員各位
AJAJ会長 菰田 潔

新年あけましておめでとうございます!

新型コロナウイルス禍が3年目となる2022年(令和4年)が始まりました。

昨年はAJAJ活動を自粛し、3月の総会、12月の年末懇親会も中止し、年会費も徴収しないというAJAJの歴史の中でも異例の措置を取りました。

今はコロナが落ち着いているので今年は活動を再開しようと思っております。

総会について

今年は3月に総会、その中で会長と理事の選挙も行いたいと考え、コロナ禍でも実施できる方法を理事会で検討しております。プランAは実際に顔を合わせる方法、プランBはリモートで開催する方法(昨年も考えましたが実現困難でした)です。

どちらになるかは直前にならないと決まらないと思いますが、日程や選挙方法については毎月の理事会議事録の中でご報告いたします。

AJAJ50周年アーカイブ作成中

本来は2019年の50周年記念懇親会で発表する予定でしたが、資料集めに時間がかかってやっと今年お披露目できそうです。

古い会員、新しい会員も含めてAJAJの歴史を振り返ることができると思います。もし気がついたことや、訂正がある場合には事務局まで報告していただければ、逐次アップデートしていく予定です。ご協力をお願いいたします。

AJAJホームページの名簿欄に

AJAJHPの会員ページには個人のプロフィールを書けるようになっています。何が得意か、どんな仕事ができるかを書き、連絡先も表示してください。

事務局にはこんな仕事をできる人を紹介してください、という問い合わせが多く来るそうです。そのときはAJAJHPの会員ページを紹介し直接連絡してくださいと案内しています。仕事を増やすためにもぜひプロフィールを書いてください。

プロフィールの書き方は、HP担当の吉田由美さんに問い合わせてください。

緊急時連絡先を

AJAJ会員本人に連絡が取れなくなった場合に、事務局から連絡するための緊急時の連絡先を事務局に届け出てください。緊急時に連絡してもよい方のお名前、続柄、携帯番号をお知らせください。

実は、過去に何回か困ったことがありましたので、ご協力をお願いします。

エンジン停止について

自動車メーカーやサプライヤーの試乗会が再開して実車に乗る機会も増えてきましたが、試乗車に乗って走り始めるとき、試乗が終わってクルマから降りるときの「作法」についてひとこと言わせてください。

乗ったときには「シートベルトをしてからパワーON」
降りるときには「パワーOFFにしてからシートベルトを外す」
という原則を守っていただきたいと思います。つまりクルマから降りるときにはエンジン停止!ということ。BEV、FCEVの場合もパワーOFFで走れない状態にするということです。

その目的は「エコロジー、エコノミー、セーフティ」です。

パワーONでDレンジのままクルマから降りかけたとき、クルマがクリープで走り始めてしまい慌ててブレーキを踏んだらそれはアクセルペダルだった。当然急加速し、歩行者2名を巻き込む死亡事故になったという例があります。

また「ETCカードが挿入されていません」とか「エンジンメンテナンス」など、パワーONにしたときに最初だけ出る警告を確実に受け取るためにも、次に試乗する人のためにパワーOFFにして降りましょう。

世の中はCO2削減が至上命令になり自動車メーカーにはカーボンニュートラルが迫られています。その割には乗り手のCO2削減ができていないように感じています。AJAJ会員から率先してCO2削減を実践していただきたいと願っています。

新型コロナウイルス禍が完全に収まるまでには数年掛かると言われていますが、
今年も健康と交通安全に注意して活動していただきたいと思います。

2022年元旦
AJAJ会長 菰田 潔