岡崎 宏司

岡崎 宏司

OKAZAKI Koji

岡崎 宏司(おかざき こうじ、1940年 – )。本名は同字で、名前の読みは「ひろし」。東京都出身、日本大学芸術学部放送学科卒業。自動車雑誌『ドライバー』(八重洲出版社)の編集者を3年務めた後、フリーランスの自動車ジャーナリストになる。専門は「車の動質」についての研究評価であり、「クルマと人と社会のあり方」、「ブランド」に関する評論も多い。一般誌て_の執筆活動も多い。国土交通省の安全検討委員、内閣府の安全専門委員等を歴任。現在の主な出稿先は、『カーアンドドライバー』、『メンズクラブ』、『サンデー毎日』(2011年5月をもち、722回の連載終了)。過去には、「モーターファン」、「オートスポーツ」、「カーグラフィック」「NAVI」「毎日新聞(夕刊)」、「報知新聞」、「週刊プレイボーイ、「月刊プレイボーイ」、「SAPIO」・・・等々、多数の長期連載を担当。

激論!もっとマトモなクルマに乗りなさい(徳大寺有恒と共著:小学館刊)
いつも隣にクルマがあった(筑摩書房刊)
自動車の危機(ちくま新書/筑摩書房刊)
カリフォルニア・ストーリー(講談社刊) ハワイ・ストーリー(講談社刊)・・・等々、多数あり。

フォトブログ「岡崎宏司のクルマ DE トリップ」を2008年9月16日からを開始。
その他、クルマを中心にしたブランド関係の仕事を多数手がけている。